うるう年は4年に一回じゃない!? うるう年って何のためにあるの?

2020年は、うるう年です。

2020年のカレンダーを見ていただければ分かるとおり、2020年2月29日(土)と記されています。

うるう年って4年に一回と思っていたのですが、実はそうではないようなんです。

今回は「うるう年は4年に一回じゃない!? うるう年って何のためにあるの?」と題して、うるう年について調べてみました。

 

うるう年って何のためにあるの?

 

うるう年は、1年の長さ(地球が太陽の周りを一周する時間)が、1日の長さ(地球が太陽を基準にして、1回転自転する時間)で割り切れないことにより起こります。

1年=365日ではなく、正確には1年=365.2422日となります。

なので、すべて1年365日としてしまうと、約4.1年で1日ズレが生じます。

1日といえば少なく感じるかもしれませんが、100年では、24.22日分にもなります。

約1ヶ月くらい違いますよね。

それで、暦が実際の季節と異なってしまうことを防ぐため、うるう年が設けられています。

現在は太陽暦のグレゴリオ暦が用いられています。

日本では、1873年(明治6年)に太陰太陽暦からグレゴリオ暦に改暦されています。

わりと近年のことなんですね。

このグレゴリオ暦で、うるう年を決めている決まりは

西暦年が、4で割り切れる年は、うるう年とする。

ただし、100で割り切れる年はうるう年ではない。

ただし、400で割り切れる年はうるう年である。

ややこしいのですが、例えば

2100年は、4で割り切れる年だけど、100で割り切れるので、うるう年ではない。

2400年は、4で割り切れる年で、100で割り切れるけど、400で割り切れるので、うるう年である。

4年に一回ではなくなりますね。

ちょっと難しいですが、この決まりに沿っていくと、うるう年がいつか分かります。

 

うるう年の誕生日はどうなる?

 

うるう年の人は、4年に1度しか年齢は加算されないのでしょうか?

そんなことはありません。

日本では、前日の午後12時に加算されるので、2月28日の午後12時に年齢は加算されます。

ただ、戸籍は2月29日で記載されています。

誕生日は、3月1日にお祝いすることが多いようです。

私も知り合いに2月29日の誕生日の人がいないので、詳しくは知りませんが、でも4年に1回は盛大にお祝いするのかも知れませんね。

 

まとめ

今回は、「うるう年は4年に一回じゃない!? うるう年って何にためにあるの?」と題してうるう年について調べてみました。

うるう年は何回も経験していますが、うるう年が何のためにあるか、今回初めて知りました。

4年に1日のズレですが、100年では、24日にもなるなんて、やはりうるう年がないと困りますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です