トマトの栄養効果は?選び方や保存方法も

 

「トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれるほど、栄養価が高いといわれるトマト。
サラダや煮込み料理など、生で食べても加熱しても美味しいですね。
トマトにはどんな栄養効果があるのか、また選び方や保存方法についてまとめてみました。

 

トマトの栄養効果

 

風邪の予防

βカロテンに抗酸化作用があり、皮膚や粘膜の健康を保ち、感染症を予防する効果があります。

美肌効果

ビタミンC、ビタミンEにより、老化を抑え肌の状態を保つ効果があります。

むくみ解消

カリウムが塩分の排出を助け、むくみ解消に、効果があります。

がんや動脈硬化の予防

トマトに含まれているリコピンは、抗酸化作用がとても強くがんや動脈硬化の予防になると言われています。リコピンの抗酸化作用は、βカロテンの2倍、ビタミンEの100倍といわれています。

 

トマトの選び方

 

  • ヘタがピンとしていて、濃い緑色のもの
  • 皮につやとハリがあり、実が引き締まっていて重いもの
  • お尻に、均等に放射線状の線が入っているもの

 

トマトの保存方法は?

 

まだ青いトマトは、常温(15~20℃)で追熟させることにより、リコピンの量も増加します。(ただし、夏場は常温保存はやめましょう)

赤いトマトはポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室へ(その際に、新聞紙に包んでからポリ袋にいれるとなお良いです。新聞紙で包むと温度が下がりすぎないので、低温障害を防ぐことが出来ます。)

すぐに使わないトマトは、冷凍保存がおすすめです。
水洗いして、ヘタの部分を取り、水気を拭き取って、丸ごと冷凍保存袋へ。丸ごと冷凍すると、簡単に皮をむくことができます。

カットして冷凍する方法もあります。この場合は、冷凍のまま料理に使えて便利です。

 

生で食べるより、加工品の方が栄養がある?

 

生のトマトは、完熟前に収穫します。それに比べて、加工用のトマトは完熟してから収穫するので、生のトマトと比べて食物繊維は約1.5倍βカロテンとビタミンCは約2倍、そしてリコピンはなんと約3倍も多く含まれているとのことです。

さらに、生のトマトは、実際私たちの食卓に並ぶまで、日にちを要しています。その間にも、栄養は少しずつ失われていきます。しかし、加工用のトマトは、収穫してすぐ加工されますから、栄養もほとんど失われません。

加工品の主なものといえば、トマトジュースがありますね。
トマトジュースには、栄養が濃縮されて入っているため、トマトジュース1本で、生のトマト2個分の栄養があるものもあります。
トマトジュースはどろっとして飲みにくいと感じる方も多いと思いますが、最近はさらっとしたものや、甘いもの、様々なトマトジュースが販売されています。
一度試してみてはいかかでしょうか? 
ただし、食塩が添加されているトマトジュースは、とりすぎると塩分過剰になるため、注意が必要です。

まとめ

 

トマトには、抗酸化作用があり、老化の抑制にも役立つ栄養が詰まってるとのこと。

また、生で食べるより、加工品の方が栄養的には優れているようです。加工品もうまく利用しながら、トマトの栄養をいただきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です