ソフトバンク今宮、1試合3ホームランは2回目。明豊高校時代に記録していた!

セリーグ、パリーグともに、CSファイナルが終わり、セリーグはジャイアンツが、パリーグはソフトバンクが、日本シリーズへの進出を決めました。

両チームともCS強かったですね!

パリーグのCSのMVPは、CS4戦目で1試合3ホームランの今宮健太選手が受賞しました。

今宮選手といえば、守備の名手といった印象ですが、このCSでは、守備での好プレーはもちろんのこと、19打数10安打と打撃でも光ってましたね。

なんといっても、最終戦の3本のホームランは、どれも完璧な当たりでした。

さらにびっくりすることに、今宮選手、1試合3ホーマーは、自身2回目とのことなんです!

前回は、高校時代に記録していたとのこと。

今宮選手は、2009年夏の甲子園の準々決勝で、菊池雄星投手の花巻東に敗れましたが、甲子園ではショートもこなし、ピッチャーとしても、154キロを出すなど、当時からすごい選手でしたね。

その明豊高校時代の2009年大分県大会2回戦で、1試合3ホーマーを達成してます。

今宮選手は、1回3ラン、3回ソロホームラン、4回2ランと活躍し、結局明豊高校が12対2で日田高校に勝利してます。

当時「九州の怪童」と呼ばれていた今宮選手、やはりスケールが違いますね。

余談ですが、この2009年の大分県大会、明豊高校が甲子園の切符を手にするのですが、大分県大会の準々決勝で対戦しているプロ野球選手がいます。

それは、今宮選手と同じソフトバンクで活躍する甲斐拓也選手です。

甲斐選手は、今宮選手より1学年下なので、当時まだ2年生なのですが、楊志館高校のキャッチャーとして、明豊高校の今宮選手と対戦しています。

今宮選手は、2009年ドラフト1位指名でソフトバンクに入団、甲斐選手は、2010年育成6位でソフトバンクに入団しています。

同じチームでレギュラーとして日本シリーズに出場するなんて、高校時代には、思いもしなかったことでしょう。

余談が長くなってしまいましたが、今宮選手3ホーマーはとにかくすごいっ!としかいいようがありません。

日本シリーズも、今宮選手のホームランと華麗な守備を期待しています!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です