パプリカとピーマンの違いは? パプリカの色によって栄養が違う?

 

カラフルなパプリカは、見た目も華やかになり、食欲をそそりますよね。

ピーマンは苦手だけど、パプリカは食べることができるという子供も多いのではないでしょうか?

多くの子供のピーマンが嫌いな理由は、苦いからだと思いますが、パプリカはその苦みがなく食べやすいといえます。

パプリカとピーマン、似ているようですが違う両者。

その違いをまとめてみました。

 

パプリカとピーマンどう違うの?

 

緑色のものがピーマンで、他の色のものがパプリカ?

いえいえそうではありません。

パプリカとピーマンは、両方ともナス科トウガラシ属の野菜です。

唐辛子の仲間なんですね。

ただ、パプリカとピーマンは、別の種類だそうで、赤いピーマンもあるし、緑色のパプリカもあります。

パプリカには、黄・オレンジ・赤・緑・紫・茶とカラフルな色があります。

パプリカは、ピーマンのように苦みもなく、形はピーマンより大きく、肉厚で立体的です。

私たちが普段目にする緑色のピーマンは、未熟な状態で収穫されたものだそうです。

熟してくると、ピーマンも赤くなります。

それは、赤ピーマンとして市場に出回っています。

パプリカも、熟してくるにつれ、 緑 → 黄 → オレンジ → 赤 と色が変わっていきます。

 

パプリカの栄養効果

ビタミンC

ビタミンCが、ピーマンの2~3倍あるといわれています。

ビタミンCには、抗酸化作用があり、疲労回復、免疫力の活性化を促します。

また美肌効果もあり、アンチエイジング効果もあるといわれています。

 

βカロテン

βカロテンにも美肌効果があります。

皮膚や粘膜の健康維持のほか、のどや肺の機能の保護にも役立ちます。

 

ビタミンE

コレステロールの酸化作用を防止します。

血行の改善を促し、肩こりや冷え性の改善が期待できます。

心筋梗塞の軽減も期待できます。

 

カリウム

むくみの解消高血圧の防止に効果的です。

 

パプリカの色によっての違い

赤のパプリカ

唐辛子に含まれているカプサイシンを多く含んでいます。

カプサイシンには、高い抗酸化作用があります。

体内に溜まったコレステロールの排出作用によって、心筋梗塞、動脈硬化などの生活習慣病予防に効果があります。

また、代謝を促進し、疲労回復や冷え性の改善も期待できます。

 

黄色のパプリカ

ルテインを多く含み、目の疲労回復効果があるので、スマホ・パソコンなどをよく使う人におすすめです。

 

オレンジ色のパプリカ

両方の栄養をバランス良く含んでいます。

 

まとめ

パプリカは、栄養もバッチリ、彩りを添え、さらに甘みがあって美味しいとなると、毎日の料理に活用したくなりますね。

色によっても、多く含まれる栄養素が違うので、自分に必要な栄養素のパプリカを選らんでも良いですし、複数の色のパプリカを使っても、カラフルで美味しい料理になりそうですね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です