おせち料理の由来と、それぞれの意味。 意味を知って、おせちを楽しく味わおう!

 

日本のお正月といえば、おせち料理ですよね。

昔は、各家庭で作っていたものですが、現在は、おせち料理を買うことも多くなってきています。

ただ、昭和、平成、令和と時代は変わっても、お正月におせちを食べる習慣は、変わりません。

今回は、「おせち料理の由来と、それぞれの意味。 意味を知って、おせちを楽しく味わおう!」と題して、おせち料理の由来とおせち料理に込められたそれぞれの意味を調べてみました。

 

おせち料理のはじまり

 

おせちとは「御節供(おせちく)」を略したものです。

御節供とは季節の節目である節日に、神様にお供えしたり、食べたりするもののことで、節日は、1年に5回あります。

1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じょうし)、5月5日の端午(たんご)、7月7日の七夕(しちせき)、9月9日の重陽(ちょうよう)の5節句です。

その後江戸時代に、1年で一番重要な元旦に、食べるようになり、江戸後期から明治時代には、重箱に詰める形になりました。

 

重箱に詰めるのは、どうして?

 

重箱に詰めるのはめでたさを重ねる」という意味があります。

現在は、三段重も多く見られますが、正式には四段重とされています。また五段重にして、五段目を年神様からいただいた福を詰めるとして、空にする風習がある地域もあります。

四段重は、完全を表す三という数字に、さらにもうひとつ重ねた数です。

四段目は、「与の重」と書き、忌み数字とされる四の字は使われていません。

料理の品数も、三、五、七の奇数が良いとされています

祝い肴三種

おせちの基本となるのが、祝い肴三種(いわいざかなさんしゅ)といわれるものです。

この3つは、おせちの代表的な料理で、おせちには欠かせないものです。

関東と関西では、違いがあり、
関東は・・・黒豆、数の子、田作り(ごまめ)
関西は・・・黒豆、数の子、たたきごぼう
といわれています。

 

おせち料理の由来とそれぞれの意味

 

一の重(祝い肴、口取り)

 

黒豆
まめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に暮らせるように。
黒には、魔除けの力があるとされています。

数の子
ニシンの卵で、卵の数が多いことで、多産・子孫繁栄を意味します。
また、ニシンが二親を表し、両親健在という意味もあるそうです。

田作り(ごまめ)
片口イワシの稚魚を干したもの。
肥料にすると、米が豊作となったので、豊作を意味します。

 

二の重(焼き物)

 


福の神であるえびす様が釣り上げた魚で、めでたいという意味。

鰤(ぶり)の焼き物
成長するにつれ呼び名が変わる出生魚のため、出世を願うとされています

海老
腰が曲がるまで、長生きするようにという願いを込めています。

 

三の重(酢の物)

 

紅白なます
お祝いの水引をかたどったもの。
紅は魔除け、白は清浄の意味。

菊花無
邪気を払い、寿命をのばすといわれる菊の花にあやかっています。

たたきごぼう
開きごぼうともいわれ、道が開けるという意味。
地に深く根を張ることから、家の安泰という意味も。

 

与の重(煮物)

 

蓮根
穴が開いていることから、見通しが良くなるとのこと

里芋
小芋がたくさんつくので、子宝・子孫繁栄を願う意味があります。

くわい
大きな芽が出ることから、めでたいとされる。

とこぶし
「ふくだめ」といわれる貝で、福がたまるようにとのこと

 

まとめ

 

このように、おせち料理には、ひとつひとつ意味があり、今からの1年が良いものとなるよう、人々の願いが込められています。

正月三が日は、神様を迎えるために家事をしないということに始まってますが、それに加えて、女性も三が日は、ゆっくりと過ごし、骨休めをするようにとの意味も含んでいます。

今回は「おせち料理の由来と、それぞれの意味。 意味を知って、おせちを楽しく味わおう!」と題しておせち料理の由来と意味を調べてみました。

時代が変わっても、それぞれの願いをこめながら、おせち料理を味わいたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です