お歳暮贈るのはいつから? 金額は? 贈ってはいけないものはある?

11月にもなると、早くもお歳暮の文字を見かけるようになりますね。

お歳暮は、12月の終わり頃に届くイメージがあるのですが、いつ贈るのが良いのでしょうか?

また、お歳暮に贈ってはいけない物や金額など、お歳暮についてのあれこれをまとめてみました。

 

お歳暮とは

日頃お世話になっている方々に、1年の締めくくりにお礼の気持ちとして贈るものです。

贈る相手は、実家の両親や、親戚、会社の上司、仲人、習い事の先生など。

ただ、お歳暮を一度だけ贈るのは失礼にあたります。

今年お世話になったからといって、その年だけお歳暮を贈るのはタブーです。

その場合は、お礼として贈りましょう。

お歳暮の場合、毎年贈ることになりますので、よく考えて贈りましょう。

また、お中元で贈ったから、お歳暮は贈らないというのもタブーです。

どちらか一方しか贈らないのであれば、お中元は贈らず、お歳暮のみを贈るのがマナーとされています。

 

お歳暮を贈る時期

本来は、12月13日から12月20日まで贈るのが一般的です。

なぜ12月13日かというと、12月13日は「正月事始めの日」で、正月の準備を始める日とされているからです。

また12月20日というのは、20日以降は、正月準備で忙しくなるためであるといわれています。

ただ20日に間に合わなくとも、年内であれば、お歳暮として贈ることが出来ます。

特に、お正月に使うような生鮮食品を送る場合は、年末近くに贈った方がいいでしょう。

年をあけると、お歳暮ではなく、「お年賀」となります。

もし、お歳暮を贈る相手が、実家に帰省したり、海外旅行などに出かけたりする場合は、しばらく不在のこともあると思います。

せっかくのお歳暮が不在で届かないとならないように気をつけましょう。

 

お歳暮の金額は?

お歳暮は一般的に3,000円から5,000円といわれています。

あくまでも相場であるので、特にお世話になっている人には10,000円程度の品物を贈る場合もあります。

ただ毎年贈るものなので、去年は1万円の品物を贈ったけど、今年は5,000円の品というようにならないようにしましょう。

毎年送ることを考えて、無理のない程度の金額のものを選ぶようにしましょう。

 

お歳暮の添え状

お歳暮を持参する場合は、お礼の気持ちを一緒に伝えることができますが、最近は配送でお歳暮を届けることがほとんどだと思います。

その場合は、挨拶状を品物に同封するのがマナーなのですが、挨拶状を同封出来ない場合も多いのが現状です。

お歳暮を贈ったことを電話やメールで済ませることが多いのですが、本来はお歳暮が届く前に挨拶状を送るのがマナーとされています。

面倒に感じるかも知れませんが、目上の方には、挨拶状を送りましょう。

 

お歳暮の品物で避けた方がよいもの

お歳暮の定番として、ハムやビールお正月に食べる数の子などがありますが、家族構成や好みを考慮し、喜んでいただけそうなものを贈りましょう。

お歳暮の品にに決まりはないのですが、避けた方がいいものはあります。

ハンカチ(「手巾(てきれ)」が手切れ(絶交)に通ずる)

はさみ・刃物(縁を切るを連想させる)

靴・靴下(踏みつける意味する)

4や9に関するもの(死や苦を連想させる)

下着(着る物に困っていると考えられる)

時計・文房具(もっと勉学に励めという意味なので、目上の方には失礼にあたる)

カバン(通勤を意味するため、目上の方には失礼にあたる)

現金・金券(お金に困っているという意味になるので、目上の方には失礼にあたる)
ただし、もらって嬉しい贈答品と答える人も多いので、贈る方による

花・植物(花言葉によっては不吉なものもあるので、贈る場合はよく調べてから)

せっかく贈っても、贈る方によっては、失礼だと受け取られることもあるので、これらの品は、できれば避けた方が良さそうですね。

 

まとめ

お歳暮は、今年もお世話になりましたという意味を込めて、贈るわけですから、贈る相手の事を考えて、品物を選ぶようにしたいですね。

簡単な物でもいいので、日頃の感謝の気持ちを挨拶状として添えると、さらに喜ばれるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です