抜け毛が気になったら、気をつけること。抜け毛に効く食べ物は?

抜け毛がひどいと感じたら、食べ物に少し気をつけてみましょう。

ジャンクフードや偏った食事、ダイエットなどで栄養が不足すると、抜け毛がよりひどくなる場合があります。

健康な髪の毛を維持するために、食生活から見直してみましょう。

抜け毛予防に効果的な食材

牡蠣

牡蠣には、亜鉛が多く含まれています。

亜鉛は、毛髪の主成分であるケラチンを合成する機能があります。

亜鉛が不足すると、抜け毛が起こりやすくなるだけでなく、味覚障害や免疫力の低下なども引き起こします。

亜鉛を多く含むものは、他に豚レバーやチーズ、ウナギなどがあります。

 

マグロ

髪の生成に必要なタンパク質を含むマグロはおすすめです。

マグロには、ビタミンB1やB6などのビタミンも含まれています。

タンパク質は豚肉や卵、大豆製品、乳製品にも多く含まれています。

 

納豆

納豆には、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが含まれています。

女性ホルモンは、髪の毛を成長させたり、髪の毛の健康を保つ働きをします。

イソフラボンは、豆腐や味噌にも含まれています。

 

ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンが、白髪や抜け毛の改善に効果があるといわれています。

スルフォラファンは、血行をよくする働きがあり、実際にブロッコリースプラウトを頻繁に食べると、頭皮の毛細血管がはっきり見えるようになるそうです。

抜け毛の原因に、血行不良があげられますので、頭皮の血行をよくするブロッコリースプラウトは効果的な食べ物と言えるでしょう。

スルフォラファンは、他にもがん予防やアンチエイジング効果があると言われています。

 

トマト

トマトのリコピンは抜け毛予防だけでなく、髪にハリやコシを与えます。

ただ、トマトは体を冷やすので、食べ過ぎると逆効果になりますので、気をつけましょう。

 

にんじん

ビタミンAに抗酸化作用があり、アンチエイジング効果があります。

皮膚や粘膜を健康に保ち、乾燥を和らげるので、抜け毛の原因のひとつである頭皮の乾燥を防いでくれます。

 

抜け毛に良いとされる血流を良くしたり、乾燥を防ぐ食品は他にもあります。

いくら髪に良いからといって、同じ食材だけを食べ続けるのは、逆効果であることもあります。

毎日の食事に効果的な食材を取りいれつつ、バランスの良い食事を心がけることが大切であることを忘れないようにしましょう。

 

食べ物以外に気をつけること

ストレスをためない

忙しい現 代人にとってストレスはつきものですが、ストレスは抜け毛の原因のひとつといわれています。

ストレスを上手に発散させて、ストレスをためないように心がけましょう。

カラオケで思いっきり歌ったり、スポーツをしたり、コレをするとスッキリするといった自分に合ったストレス解消法をもっているといいですね。

良質な睡眠をとる

髪の成長に睡眠は大切です。

夜に成長ホルモンが出ていることはよく知られていますね。

実はこの成長ホルモン、髪の成長にも関係しているのです。

寝る直前までスマホやパソコンの画面を見ていると、寝付きが悪くなります。

夜はしっかり寝て、髪の成長を促しましょう。

紫外線を避ける

帽子や日傘などで、頭皮に直接紫外線が当たらないようにしましょう。

紫外線は頭皮の老化につながります。

1日の量はちょっとでも、積み重ねると老化の原因になりますので、日々の予防が大切です。

適度な運動を心がける

運動不足は、血行不良などを引き起こします。

よって肩こりを引き起こし、それが頭皮にも影響するのです。

体動かすことで、新陳代謝がよくなり、血の巡りをよくします。

仕事でパソコンを一日中使っている人は、たまに肩を回すなど、出来る範囲で体を動かしましょう。

まとめ

抜け毛の原因は、さまざまですが、食べ物やちょっとした生活の見直しで、抜け毛が改善できるなら試してみたいですね。

食べてすぐ改善というわけではないので、必要な栄養を毎日の食事でしっかりとっていくことが大切であると感じました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です