西川貴教、天皇陛下のお茶会に出席。なぜ招待されたの? お茶会での服装は?

タレントで歌手の西川貴教さんが、2019年11月28日京都御所で行われた、天皇陛下のご即位を祝うお茶会に出席しました。

関西の各界代表者らが招かれ、ノーベル生理学・医学賞の山中伸弥さん(京都大iPS細胞研究所所長)や2004年アテネ五輪マラソンの女子金メダリストの野口みずきさんなども出席されていました。

今回は、「西川貴教、天皇陛下のお茶会に出席。なぜ招待されたの?お茶会での服装は?」と題して、西川貴教さんが、なぜ天皇陛下のお茶会に招待されたか調べてみました。

西川貴教は、なぜ天皇陛下のお茶会に招待された?

実は、滋賀県知事の推薦があって、招待されたそうです。

西川貴教さんは、滋賀県彦根市生まれで、滋賀県の野州市育ちで、根っからの滋賀県人です。

滋賀県のふるさと観光大使も務めていて、滋賀県の観光PR動画に出たり、滋賀県の草津市の烏丸半島でのイナズマロックフェスの開催をし、その収益の一部を滋賀県に寄付したりと精力的に滋賀県に関わっています。

観光大使と名ばかりの人もいますが、西川貴教さんは、滋賀県への愛が感じられますね。

滋賀県知事の推薦も納得できます。

お茶会での服装は?

 

金髪にモーニング姿でしたが、金髪の理由は、NHKの朝ドラの「スカーレット」での役のためです。

モーニング姿、とても似合っていました。

そして、モーニングのポケットには、亡くなられたお母様の形見の指輪を入れていたそうです。

西川貴教さんのお母様は、2017年8月に69歳で亡くなられています。

きっと天国のお母様も息子さんの姿を誇らしく思われてるでしょう。

まとめ

「西川貴教、天皇陛下のお茶会に出席。なぜ招待されたの?お茶会での服装は?」 と題して、西川貴教さんが天皇陛下のお茶会に招待された理由と服装についてまとめました。

西川貴教さんの地元への想いやお母様への想いを胸にお茶会に出席されている様子が見えて、なんだか見ている方まで、嬉しくなりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です