受験勉強にチョコレートがいいわけ。勉強の合間や試験の時にチョコを食べよう!

受験勉強や資格試験の勉強、定期テストなど、長時間集中して勉強すると、脳が疲れますよね。

そんな時に集中力や記憶力を高めてくれるのが、チョコレートなんです。

チョコレートには、さまざまな効果があり、受験生にはピッタリの食べ物なんです。

チョコレートにはどんな効果があるのかまとめてみました。

 

チョコレートの効果

ブドウ糖

脳がエネルギー源とできるのは、ブドウ糖のみです。

よって、脳には絶対欠かすことの出来ないブドウ糖ですが、ブドウ糖は蓄えておくことが出来ません。

起床時には、ブドウ糖が不足しており、よく「朝食を抜いてはいけない」というのも、ブドウ糖が不足して低血糖になるからです。

ブドウ糖が不足すると、脳が上手く働かず、集中力、思考能力が低下します。

 

テオブロミン

大脳を刺激して、集中力、記憶力、思考力を高めます。

また、自律神経を調節して、気持ちを落ち着かせる働きをします。

 

カカオポリフェノール

脳の学習能力をアップさせる効果があります。

吸収して、すぐ効果が出ます。

 

ビタミン、ミネラル

脳の代謝に必要です。

 

香りにも効果が

チョコレートの香りが、人間の脳の中枢神経に作用し、集中力を向上させます。

緊張を和らげたりもします。

たしかにチョコレートの香りって、リラックスしますね。

 

チョコレートいつ食べるのがいいか

試験の始まる30分から1時間前くらい前がベストです。

2時間後に効果が下がってしまうので、それを考えてとるようにしましょう。

 

おすすめのチョコレートは

グリコのメンタルバランスチョコレートGABA はおすすめです。

ジッパー式になっていて、少しずつ食べるのに適しています。

また手につかず、取り出しやすいです。

味もミルクとビターの2種類あって、甘いのが好みの方はミルク、ほろ苦が好みの方はビターがおすすめです。

 

まとめ

勉強中に手を止めずにつまめ、集中力を向上させたり、さまざまな効果があるチョコレートは、受験生には必需品ですね。

試験の朝、お子さんにお弁当と一緒にチョコレートを渡してはいかかでしょうか。

きっとチョコレートが、親御さんの思いを伝えてくれると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です