最近抜け毛がひどい。 抜け毛の原因は何? 女性の抜け毛にはさまざまな要因が!

気がついたら、床に髪の毛がたくさん! 髪を洗ったあと、排水溝に大量の髪の毛が!

抜けた髪の毛の量にショックをうけた人も多いのではないでしょうか?

女性にとって、「髪は女の命」と言われるくらい、髪の毛は大切なものですよね。

1日50~100本は抜けるといわれる髪の毛ですが、抜け毛が多いと心配になるものです。

そこで抜け毛の原因についてまとめてみました。

抜け毛とは?

まず、抜け毛とはどのような状態のことを言うのでしょうか?

抜け毛とは、育たなくなった髪が、皮膚から抜け落ちること。

力を加えることで抜けたり、ちぎれた髪は、抜け毛とは言いません。

髪のサイクルについて

髪は、成長期、退行期、休止期というサイクルがあり、古い髪から新しい髪へと常に抜けかわっています。

成長期(2~6年)
髪が成長してのびていく期間

退行期(2~3週間)
髪の成長がだんだん弱まっていく期間

休止期(3~4ヶ月)
髪の成長が止まり、新しい髪がつくられる期間

髪はこのサイクルで周期的に抜けかわるのです。

 

髪が抜ける原因

疲れ、ストレス

仕事や家庭のストレスや日常の疲れが、頭皮にも影響してきます。

ストレスが肌のトラブルを起こすことはよく知られていますよね?

頭皮も肌の一部なので、当然頭皮にも影響があります。

睡眠不足

夜に睡眠を十分とっていないことも、髪に影響します。

夜に分泌される成長ホルモンは、髪の成長にも重要な役割を果たしています。

頭皮のターンオーバーも成長ホルモンが関わっているので、睡眠不足は頭皮環境の悪化につながります。

血行不良

運動不足などにより、頭皮の血行不良が抜け毛の原因になります。

頭、首、背中をつなぐ場所にある肩こりを起こす筋肉がこってしまうと、頭の方へ流れる血流も減少します。

よって肩こりなどによる血行不良も抜け毛の原因のひとつといえます。

乾燥

頭皮の乾燥により、根元から髪が抜け落ちやすくなります。

また、髪の毛自体が乾燥しても、キューティクルがはがれ落ちて、水分が蒸発しやすくなり、抜けやすくなります。

紫外線

紫外線を頭皮に直接あびると、光老化といって皮膚の老化につながります。

光老化が進行すると、頭皮が固くなって、髪が生えてくる土壌の状態が悪くなります。

よって元気のない髪の毛が生えるということになります。

栄養不足

ダイエットや偏食などで、必要な栄養素が不足すると、髪にも影響があります。

特に亜鉛タンパク質ビタミンなどが不足すると抜け毛の原因になります。

ヘアカラー、パーマ

ヘアカラーやパーマは、薬液を頭皮につけるので、少なからず頭皮へのダメージがあります。

なるべく回数を減らし、肌に優しいものを使いましょう。

ホルモンバランスの乱れ

出産後の抜け毛

出産後は、髪の毛が大量に抜ける事があります。

しばらく抜ける期間があると思いますが、半年から1年で落ち着き、また生えてきます。

出産後の抜け毛は、あまり気にしなくてもよいと思います。

更年期の抜け毛

更年期にも抜け毛が目立つようになります。

出産後とは違って、年齢とともに髪も細くなり、ボリュームもなくなってきますので、更年期は食べ物などに気をつけて、ホルモンバランスを整えるようにしましょう。

季節的なもの

季節の変わり目(春や秋など)には、動物は毛が生え替わります。

人間もその名残があると言われています。

まとめ

抜け毛には、さまざまな原因があり、どれがその人の原因になっているかは分かりません。

ただ、日常生活を整えることで、抜け毛を予防することもできるのではないかと思います。

睡眠不足や栄養をしっかりとることは、気をつければ可能ですし、適度な運動やマッサージでこりをほぐすことも出来ると思います。

また、日頃から帽子をかぶるなどして、紫外線を予防したりすることで、これから先、頭皮を老化させないことも大切だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です