白菜の黒い点は何? 食べても大丈夫? 白菜の選び方や栄養効果についても。

冬の葉物野菜の代表といえば、白菜。

鍋物には欠かせない食材ですよね。

冬になると、白菜を買う機会が増えるのですが、白菜に黒い点があったら気になりますよね。

今回は「白菜の黒い点は何? 食べても大丈夫? 白菜の選び方や栄養効果についても。」と題して、白菜の黒い点は何なのか?

黒い点のある白菜を食べても大丈夫なのか? そして、白菜の選び方についてまとめてみました。

白菜の黒い点は何?

この黒い点は、カビでも虫でもありません。

この黒い点は、白菜がストレスを受けることによって、発生するものらしいのです。

白菜にストレス? ん?って思った方もいるのではないでしょうか?

白菜もストレスを受けるのです。

そのストレスとは、肥料のやり過ぎで、栄養過多になった場合や、気温の高すぎ、または低すぎの場合、狭い場所で生育した場合など、いろいろな要因で起こるそうです。

まるで、人間みたいですね。

そしてこの黒い点の正体、実はポリフェノールなんです。

ポリフェノールといえば、赤ワインやチョコレートを思い浮かべる人も多いですよね。

ポリフェノールは、ほとんどの植物に存在する苦みや色素の成分です。

白菜の黒い点は、白菜がストレスを受けたときに、ポリフェノールが流出し、酸化して現れたものだそうです。

白菜の黒い点の名前

この黒い点、名前があり「ゴマ症」といいます。

たしかに、黒ごまが散らばっているように見えますね。

人によっては、白菜のそばかす と呼ぶ人もいるそうです。

白菜のそばかす ってなんか急に白菜がかわいく思えてきたりします。

黒い点の白菜は食べても大丈夫?

黒い点がいっぱいに広がっている白菜。

食べても問題ないのでしょうか?

食べても、体に影響はなしとのことで、ちょっと安心しました。

ただ見た目あまりよくないので、敬遠する人も多いようです。

白菜の選び方

外葉の緑が濃く、葉の巻きがしっかりしているもの。

形はドングリ型で、バランスの良いもの。

ずっしりとした重さのあるもの

芯の高さが全体の3分の1以下のもの。

カットしてある白菜

断面の真ん中が盛り上がっているものは避ける。(カットされてからの時間が経ちすぎていると盛り上がる)

白菜の栄養効果

ビタミンC

免疫力を高め、風邪やインフルエンザなどの感染症を予防します。

美肌にも効果が期待できます。

カリウム

むくみ改善や、高血圧予防になります。

 

白菜は、葉の方にビタミンCが、芯の方にはカリウムが多く含まれています。

ビタミンCは、生食で食べるのが一番ですが、生だと量も多く食べられないですよね。

白菜がたっぷり食べられる鍋や煮物は、あまり煮すぎないように、そして、汁も一緒にいただきましょう。

そうすることで、水に溶け出したカリウムも一緒に取ることが出来ます。

まとめ

白菜の黒い点は、ポリフェノールが溶け出して現れたものであるので、気にせずに食べていいとこことでした。

今まで気になっていた人も、原因が分かれば、気にせずに美味しく食べられるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です