2020年節分 恵方巻きを食べる方角は? 恵方巻きの食べ方や具のあれこれ。

節分といえば、恵方巻きを食べるという風習が、ここ最近定着してきたように思います。

私が子供の頃は、節分に恵方巻きを食べたりはしていませんでした。

今や全国的になった恵方巻き、1年の健康や幸せを願って食べるというのが、日本人の感覚に合っていたのかも知れませんね。

今回は「2020年節分 恵方巻きを食べる方角は? 恵方巻きの食べ方や具のあれこれ。」と題して、恵方巻きを食べる方角や恵方巻きの食べ方、恵方巻きの具についてまとめてみました。

 

2020年節分 恵方巻きを食べる方角は?

2020年の恵方は、西南西です。

西南西といわれても、どちらを向けばいいか分からない人は、スマホアプリの方位が分かるもの便利です。

スマホのアプリであれば、食べたい場所にスマホを持って行けば、簡単にその場所の方位が分かります。

スマホのアプリ検索で、「恵方巻き」と入れると、恵方コンパスなどのアプリがたくさん出てきます。

使いやすいものを選ぶといいでしょう。

 

恵方とは?

恵方とは、その年の*歳徳神(としとくじん)様のいる方角のことで、その方角は毎年変わります。

本来は、初詣も自宅から見て恵方の方角に行ったり、初めてのことを行うときも恵方の方角に行ったようです。

   *歳徳神ーその年の福徳(金運や幸せ)を司る神様。
年徳、年神様、正月様ともいう。

 

恵方は、基本的に四方です。

その四方と十干(じっかん)を組み合わせることにより、その年の恵方が決まります。

十干とは、甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じ)・癸(き)の事で、暦の表示に使われます。

 

方角 十干 西暦の末尾
東北東 甲・己 4,9
西南西 庚・乙 0,5
北北西 壬・丁 2,7
南南東 辛・癸・丙・戊 1,3,6,8

表にしてみると分かりやすいですね。

上の表から、2020年は西暦の末尾が0なので、西南西になります。

順番に回っていますが、南南東は他の方角より多いので、また南南東?と思う人もいるかも知れないですね。

恵方巻きの食べ方

1.恵方を向く(2020年は西南西)
食べている間は、よそ見せずその方向だけ向きましょう。

2.黙って食べる
食べ終わるまで、おしゃべりせず、静かに食べましょう。

3.一気に食べる
途中休まずに一気に食べましょう。
3つのうち、これが一番大変だと思いますが、頑張って一気に一本食べましょう。

恵方巻きは、恵方を向いて黙って一気に食べるというのがルールですが、あまり無理せずに出来る範囲でいただいたらよいのではないかと思います。

 

恵方巻きの具

恵方巻きの具は、一般的に七福神にあやかって7種類といわれていますが、7種類の具は、特に決まっているわけでもないようです。

多いのは、うなぎ(あなご)、たまご、しいたけ、かんぴょう、きゅうり、でんぷ、にんじんなどです。

最近は、海鮮が多く入った恵方巻きも多く、マグロやサーモンが入ったものもあります。

 

まとめ

恵方巻きは、歳徳神様のいる方角である恵方を向いて、健康や幸せを願い黙って一気に食べるものということが分かりました。

日頃、テレビや携帯で映像を見たり、音楽を聞いていたりしていることが多いですが、節分の日に、黙って一点を見て、幸せを祈りながら、恵方巻きを食べるのもいいのではないかと思います。

2020年節分、西南西を向き、静かに1年の健康と幸せを祈りながら、恵方巻きをいただきます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です