大根の食べ方は、大根おろしがベスト! 大根おろしの栄養効果がすごい。

 

大根といえば、おでんに入れたり、お味噌汁にいれたり、色々な食べ方がありますよね。

煮物の大根もおいしいけど、大根は生のまま食べるのがベストです。

なぜなら、大根の栄養には、加熱すると失われるものが多いからです。

特に、酵素とビタミンCは、加熱によって効果が弱まってしまいます。

大根の生での食べ方ですが、大根おろしにするとさらにある栄養価がアップします。

今回は、そんな大根おろしの効果についてまとめてみました。

 

大根おろしの栄養効果

 

大根おろしには、消化酵素が含まれています。

この酵素が、腸内環境を整えて、老廃物の排出を助けたり、老化やあらゆる病気の原因になる活性酸素を排除したり、色々と働いてくれるのです。

また代謝をアップさせるので、ダイエットにも効くともいわれています。

それでは、大根おろしに含まれる酵素を紹介しましょう。

ジアスターゼ(アミラーゼ)

デンプン分解酵素。デンプンを分解して、糖質に変えます。
また胃酸をコントロールし、消化を助けます。
胃もたれ、胸やけに効果的です。

プロテアーゼ

タンパク質を分解します。
タンパク質が体に溜まるのを防ぎ、胃腸の負担を軽くします

オキシターゼ

魚の焦げなどに含まれる発がん性物質を分解してくれます。
焼き魚には、よく大根おろしが添えられてますね。

リパーゼ

脂肪を分解してくれます。
脂っこい食事の時には、もってこいです。
天ぷらには、大根おろしがついている場合が多いですよね。

ミロシナーゼ

ミロシナーゼが、大根が持っているグルコシノレートという成分を変化させて、イソチオシアネートを作り出します。

イソチオシアネートは、大根そのものでは、摂取できません。
すり下ろして、細胞が壊れて出来るものだからです。

大根をおろしたときに出来る、このイソチオシアネートの効果がすごいです。

イソチオシアネートの効果

 

動脈硬化の予防

血管内をきれいにし、血管の炎症を抑える効果がある。

解毒作用

強い殺菌作用があり、食中毒の予防や、がんの予防にも効果的。

ダイエット効果

血流が良くなり、代謝がアップする。

このイソチオシアネートを効果的にとるには、大根の下の部分の大根おろしが最適です。

大根は、上の方(葉っぱに近い方)が甘く、下に行くほど辛みが増していきます。

イソチオシアネートは、辛いほど多いので、大根の下の部分のイソチオシアネートは、上部の約10倍といわれています。

よく、大根おろしには、辛くない葉の下の部分を使うという人がいますが、イソチオシアネートをとるには、あえて下の辛い部分を大根おろしに使う方が効果的です。

さらに、大根おろしの汁にも栄養が詰まってますので、汁も捨てずに一緒にいただきましょう。

注意しなくてはならないのは、イソチオシアネートは、時間とともに減っていきますので、すり下ろしたらすぐ食べるようにしましょう。

15分経つと、半減してしまうそうなので、食べる直前にすり下ろすのが効果的といえるでしょう。

 

また、大根おろしには、ビタミンCも豊富です

ビタミンCは、抗酸化作用があり、免疫力を高め、感染症の予防やがんの予防、さらに、アンチエイジング効果とうれしい効果がいっぱいです。

ビタミンCも熱に弱いので、生で食べる大根おろしは、ビタミンCをとるのには、適しているといえますね。

 

まとめ

 

大根おろしには、胃腸の働きを助けたりするさまざまな消化酵素が含まれているとのことでした。

さらに、大根おろしにした時にできるイソチオシアネートは、がんや動脈硬化などの病気の予防や、代謝アップでダイエットにも効果的とのこと。

大根おろしは、おかずのそばに添えてあるだけのものと思っていて、残してしまうこともあったのですが、こんな効果があったなんて。

これからは、おかずと一緒に大根おろしの栄養もいただきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です